当日配達で相手に荷物を届けよう│運送会社の様々な取り組み

安全に運ぶには

精密機器類の輸送は専門業者へ

作業員

一般貨物の輸送と精密機器の輸送には異なる手段や手法が用いられます。したがって、精密機器専門の輸送会社に委託することができます。一般的に精密機器というと、コンピュータ、サーバ、電子機器、医療機器、各種計測機器類などを対象にしています。これらの精密機器は振動や衝撃、温度や湿度などに敏感です。高価であることもあり、その取扱いには極力慎重さが必要です。輸送の際にも、ダメージを与えないような対策や配慮が必要になることから、様々な手法や手段が開発されてきました。振動を抑える専用車両、温度管理が可能な車両、リフター装置などの利用が普及しています。また、精密機器を衝撃や振動から守るための緩衝材料も大きく進化し、輸送中の安全を守るために役立っています。

環境や省エネの観点からも進化

精密機器の輸送には、より慎重な配慮がなされることは先に述べました。高価な機器類なので、万一の事故による損害を防ぐためには必要な措置です。以前は、膨大な量の緩衝材の使用が一般的でした。また、梱包時に使用する資材についても、耐衝撃、耐振動性を重視するため、かなりの量を使うのが当たり前でした。しかし、環境保護の考え方や省エネ、省資源の観点から過剰包装を避けるための技術も進歩してきました。たとえば、パソコンやサーバなどについては、再利用可能な資材を利用することが広く普及してきました。また、事前に輸送に関する詳細をプランニングすることで輸送スケジュール、作業手順、ルートなどを綿密に検討することで、作業の効率化を図ることも重要なポイントになっています。